名古屋のゴルフスクール【ZERO FUSION】

NEWS
お知らせ
NEWS

スイングがはやいとミスになる?

2018/04/19

『スイングが早いからミスショットになってしてしまった』
『りきんでしまったから、ミスショットになってしまった』




これは、よく耳にするフレーズです。






しかし、スイングが早かったり、りきんでしまったからミスショットになるというのは、実際ありません。






なぜならスイングは物理です。



良い動きをスピード再生しても、同じ物理である限り、ミスショットの要素にはならないということです。




ミスショットは、スイングにエラーがある状態です。



『ゆっくり振りましょう』というのは、スイングにエラーがあっても、飛距離を落とすことで、ボールの曲がり幅を減らし、リスクカットしましょうという目的と意味になります。




いわゆる、『ごまかしましょう』です。




狭いコースでショットするときには、時にはこれも必要です。




しかし、『ゆっくり振る』ことがミスショットを改善する根本的解決ではありません。



スイングのエラーを修正し、おもいきり振ってもミスショットが出ない状態を目指してスイングを作っていく。



これが根本的解決です。





アメリカのプロが、ものすごいスピードで振っています。



あれだけ振っても、精度が高い。



これが本来のゴルフスイング造りの目指すところです。






当スクールでは、おもいきり振ってもミスが出ない状態を目指し、レッスンさせていただいております。





『ゆっくり振ってください』このキーワードが無いスクールです。






ゆっくり振るという意識は、捨ててくださいね^ ^




名古屋でゴルフスクール

4スタンス理論をツールとしたゴルフレッスンが名古屋で受講できる

ゼロフュージョンゴルフスクール

無料体験受付中

https://www.zero-fusion.com/



お問い合わせ