名古屋のゴルフスクール【ZERO FUSION】

NEWS
お知らせ
NEWS

コースの攻め方 パート2

2016/03/27

ショートホールでのティーショット。





ティーグランドに立ち、ボールをセットする際の応用編を紹介します。







・前下がり(つま先下がり)の傾斜からボールを打つと、スライスしやすくなります。
つまり、左のミスの確率が低くなります。



・前上がり(つま先上がり)の傾斜からボールを打つと、ボールがつかまりやすくなります。
つまり、右のミスの確率が低くなります。





そこで...




グリーンの左に池やバンカーがあるとき、特に左にミスしたくありません。

そこで、ティーグランドで前下がり(つま先下がり)の場所にボールをセットして打つと、左にミスの確率が下がります。



逆に右にミスしたくないときは、前上がり(つま先上がり)にボールをセットします。






少し上級編ですが、コースを味方につける方法のひとつです。







次は、前上がりと前下がりの傾斜からのショットについて紹介します。











名古屋でゴルフスクール

4スタンス理論をツールとしたゴルフレッスンが名古屋で受講できる

ゼロフュージョンゴルフスクール

無料体験受付中

https://www.zero-fusion.com/

お問い合わせ